HTTPS

HTTPSはHypertext Transfer Protocol Secureの略で、Web上でのセキュアなデータ通信を提供するプロトコルです。HTTP プロトコルと同じように、WebブラウザとWebサーバ間のデータ通信を仲介する役割を果たしますが、HTTPSは暗号化された通信を行うことによってデータを保護することができます。

例えばWebブラウザからログインする際にユーザ名とパスワードを送信するといった場合、この情報を暗号化することで、他の者による不正アクセスや盗聴などから保護することができます。このような場合、WebブラウザからのアクセスはHTTPSを使って行われます。

HTTPSは、Transport Layer Security(TLS)またはSecure Sockets Layer(SSL)技術を使って、WebブラウザとWebサーバ間の通信を暗号化します。この暗号化は、WebブラウザとWebサーバ間で事前に共通鍵を交換することで行われます。このことによって他の者による不正アクセスや盗聴からデータを保護することができます。

また、HTTPSを使用するWebサイトはWebブラウザによって信頼されることを示すグリーンバー(またはグリーンパッド)などのアイコンが表示されます。これによりユーザーはそのWebサイトが信頼できることを知ることができます。

HTTPSは、Webのセキュリティとプライバシーを保護するために重要な役割を果たしており、Webサイトを信頼できるものにするために必要な技術です。そのおかげで、ユーザーは安全なWebブラウジングを体験することができます。

関連単語

  • HTTP
タイトルとURLをコピーしました